神話の実験 – 川久保ジョイ『Fall フォール』

川久保ジョイ

資生堂ギャラリーで、川久保ジョイさんの個展が行われています。
川久保さんといえば、風景写真の作品が思い浮かびますが、
今回の展示は、非常にコンセプチュアルなものになっています。

向かい合う大きな壁にシルバーで描かれた鍾乳洞のような模様。
実は壁を研磨して描いたもの。
一つは、ドル-円の為替レートの過去20年間の変動と、これから先20年後の予測。
今後、怒涛の勢いで円安が進み、1ドル 250円ほどになることが描かれています。

川久保ジョイ
もう一つは日本の金利の変動、
今はマイナス金利という超低空飛行ですが、
今後は急速に金利が上昇、ついに国は国債の利息を払えなくなり、
固定金利に移行するというショッキングな姿。

川久保ジョイ
自分自身もトレーダーをしていた川久保さん、
知り合いのトレーダーの予測を元に作品を創りあげました。

この作品のタイトルは、それぞれ
『Daedalus falls ダイダロスの滝/落命』
『Icarus falls イカロスの落水/水落』

イカロスとダイダロスはギリシア神話に登場する親子、
鳥の羽を蝋で固めた翼をつけ空に飛び立ちます。
ダイダロスは、イカロスに、一定の高度で飛ぶように忠告しますが、
放漫なイカロスは、太陽に近づきすぎ蝋が溶けて墜落してしまいます。

金利の変動の姿は、まさにイカロスの羽ばたきそのもの。

そして、この二つの作品に挟まれた壁には、
緑、橙、紫の鮮やかなプリントが展示されています。

川久保ジョイ
福島の帰宅困難地域の地中にフィルムを3か月間置いて、
現像しプリントした作品。
残留放射線量によって色が変わります。
原子力という見えない巨大なエネルギーを可視化しようとした実験。

作品タイトルは「千の太陽の光が一時に天空に輝きを放ったならば」
「原爆の父」といわれたアメリカの物理学者オッペンハイマーが、
初の核実験を見た時に頭に浮かべた言葉。
ヒンドゥーの聖典『バガヴァット・ギーダー』からの引用だそうです。

それは、世界を破壊する神の力を手にしてしまった畏れの表現。

日本が得意技としてきた経済と技術に対して
かなり直接的な警鐘になっている作品たち。
アートとして提示されていることで、
その恐ろしさがより強烈に伝わってきます。

この世界が現実のものとなるか、別の世界を創ることができるか
私たちの行動が問われています。

展覧会の会期が終わった後も、どこかで恒久展示し
多くの人に気づきを与えてほしい作品です。

 

第10回 shiseido art egg
川久保ジョイ展 『Fall フォール』
2016年2月3日〜2月26日
資生堂ギャラリー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください