銀河との対話 ー 塩保朋子『Cosmic Perspective』

塩保朋子『Cosmic Perspective』

カーテンをくぐり薄暗い空間に入ると
巨大な銀河が目に飛び込んでくる。

SCAI THE BATHHOUSEでの塩保朋子さんのインスタレーション
『Cosmic Perspective』

塩保朋子『Cosmic Perspective』
近づいてみると、微細な穴が無数にあいている。
無数の星が集団になって銀河を構成している
その姿が描かれている。

綿のようなやわらかな素材のように見えるが、実は合成紙!
半田ごてを使って微細な穴をあけている。
樹脂が入っていて、温度が下がれば固まる。
そのため、綿のような立体感が生まれる。

半田ごてで穴をあける技法は、塩保さんが自ら編み出したという。
超絶技巧と感性が産み出した宇宙。

塩保朋子『Cosmic Perspective』

壁一面に広がるこの銀河をじっと観ていると、
静かに渦が動いているように感じる。

また、白鳥が翼を広げて羽ばたこうとしているようにも思える。

いつまでもこの空間にいて、対話を続けたくなる銀河。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください