人生の追体験 – 片山真妃『キュリー夫人年表』

片山真妃

片山真妃「キュリー夫人年表」
その制作方法は、とてもロジカルです。

今回の主役はマリー・キュリー、2度ノーベル賞を受賞した研究者。
その人生は、波乱に富んだものでした。

片山さんは、キュリー夫人の伝記を丹念に読み、
親戚、支援者、さらには、アインシュタインのような
交流のあった研究者をピックアップ。
彼らの誕生日と命日、その日の天候を調べあげます。

そして、数字、曜日、天候と色とを対応させるチャートを作成し、
それぞれの人の誕生日、命日に基づいた作品を制作しました。

片山真妃

主人公マリー・キュリーについては、
その66年の生涯を追体験するように、
66のレイヤーを重ねて、複雑な作品を描いています。

自分の意思を介在させずチャートに従って描いているけれども、
それぞれ異なる配色を見ていると、
数学的に創られた作品にこそ
その人の人生が宿っているかのように思えます。

片山真妃

片山真妃
片山真妃
また、夫婦であった二人のキャンバスを、
夫婦であった年数だけ衝突させて色を交換させる
「衝突」シリーズも、共に生きた時間が感じられ、とても美しい。

片山真妃


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください