躍動する色彩 『坂本夏子の世界展』

2014-10-04 18.09.43

若く今後の活躍が期待されている坂本夏子さんの個展が
ARATANIURANOで始まりました。

大きなサイズの作品を制作している坂本さん、
今回も、メインの作品はビッグサイズ。
ギャラリーの4つの壁に、
春夏秋冬をイメージした4つの作品が展示されています。

それぞれ、全く異なる印象の作品。
水仙がぎっしりと描かれ、鮮やかな黄色が印象的な冬。

多様な色彩で森の芽吹きを表現した春、
森の中に人が描かれていて、
春の喜びがより際だっています。

今回、小さいサイズの作品も展示されていて、
私は、『波と果実』という作品に惹かれました。
赤、貴、青と鮮やかな色が躍動し、
たしかに波を思わせます。

最初に抽象的なドローイングを描き、
それをもとに、立体を制作、
その立体からインスパイアされた油絵がこの作品。

さらに、メインの赤の周りにどんな色を配するのがいいか
研究して作成したと坂本さんは言います。

手間ひまのかかった作品ですが、
ドローイング、立体、ペインティングと
実に大きく変貌しています。

平面、立体、平面と転換していくことで、
思考が大きく飛躍していくのでしょう。

そして誕生した色彩の躍動!!
ずっと見つめていると、いろいろなものが見えてくる作品です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください