新たな創造の原点−『シンプルなかたち展』

シンプルなかたち展

リニューアルした森美術館の最初の展覧会『シンプルなかたち展』
色彩あふれる作品で祝祭の気分を盛り上げるかと思いきや、
ほとんどがモノトーンの立体という展示をもってきました。

昨年、フランスのポンピドゥー・センター・メスで行われた展覧会を
日本仕様に一部作品を入れ替えたものです。

石器や民俗学的な展示もあり、
ともすると博物館的で単調になってしまいがち、
キュレーションや展示方法に、
通常の現代アートの展覧会よりも工夫がいりそうです。

オラファー・エリアソンの「丸い虹」、
大巻伸嗣の「リミナル・エアー スペース-タイム」、
アンソニー・マッコールの「円錐を描く線 2.0 」
動きのあるインスタレーションがところどころに配置され、
静かな展示の中にダイナミックな光や風を吹き込んでいます。

ダチョウの卵や結晶の模型、数理模型のように
自然の摂理によってもたらされるかたち、
長次郎の黒樂茶碗のように、時代を超えて愛され続けるかたち、
シンプルなかたちは、見ていて飽きない美しさがあります。

ところが、これらはただ単に美しいだけではなく、
もっと大きな力があります。
ダチョウの卵は、完成された美しい球体ですが、
ここから雛が孵り大人へと複雑さを増すことで
種を存続させることができます。

長次郎の茶碗に魅了された多くの作家が、
これを超えようと数多のチャレンジをしてきました。

シンプルなかたちは、次の新たな創造の原動力になっているのです。

そして、もう一つシンプルなかたちが伝えているのが、
思考をシンプルにすること。

ピカソの6枚の「雄牛」、写実的な雄牛からだんだん単純化していき、
最後はたった10本ほどの線で描かれています。
でも、ちゃんと雄牛の特徴が出ているのです。

この作品は、アップルの社内教育で用いられ、
本質を保持し、不要なものをそぎ落とすことの重要性が語られるそうです。
シンプルな思考が、世界を驚かすアップルのものづくりに繋がっています。

「2001年宇宙の旅」のモノリスを思わせる
ジョン・マクラッケンの「翼」
カールステン・ニコライのサウンドインスタレーション「アンチ」
そしてインドのタントラドローイングと続く最終セクションは圧巻、
アートの未来へ誘う空間になっています。

シンプルなかたち展


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください