錯覚を楽しむー『レアンドロ・エルリッヒ展-Fragments of Illusion-』

2014-09-06 15.47.47

金沢21世紀美術館に常設されている「スイミング・プール」
プールの上から覗くと、水の底に人が立っていて
こちらを見上げています。

こんな一見不思議な世界を創っているアーティスト、レアンドロ・エルリッヒ

代官山アートフロントギャラリーで、
レアンドロ・エルリッヒの小さな作品が展示されています。

壁に三段だけの階段、上ったところで
どこに行けるわけでもないけれど、
上って非常口のライトを覗くと
そこには、もう一つの階段!
四次元の向こうに下りて行けそう。

ところで、サインを照らしている蛍光灯はどこに?

2014-09-06 15.49.09
2014-09-06 15.49.29

暗い部屋に漂う白い雲、
空に浮かんでいるはずの雲が
部屋に閉じ込められている不思議。

雲をプリントしたガラスを何枚も重ねると
立体に見えてくる仕組み。
雲のように輪郭のはっきりしない物体だからこそ
この手法が生きている。

作品には蟹とか雌鳥とか生物の名前がついている。
じっと観ていると動き出しそうな
柔らかな感覚。

2014-09-06 15.51.29
静かに回るカルーセル、
覗くと、ある時は春の庭、
またある時は秋の庭が広がっている。

4つに分けられた区画に春夏秋冬が描かれているのだけれど、
鏡を通して観ることで、奥行きのある庭が出現する。

2014-09-06 15.49.59
2014-09-06 15.50.21

わりと簡単でシンプルな仕組みながら
驚きや楽しさがあふれている。
人の心を動かすという、
アート本来の姿を映している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください