江戸から伝わるアートー『かしこ』

2014-09-06 09.18.36

里山十帖で出会った同年代のご夫婦から、
素敵な贈り物をいただきました。

長岡にある創業二百年の老舗、
御菓子司紅屋重正の『かしこ』

紺のちりめんに包まれた真っ白い
波形のパッケージ、
青と白のコントラストが爽やかです。

2014-09-06 09.17.21

パッケージを開けると、そこには海が!

いろいろな二枚貝がぎっしり。

2014-09-06 09.20.34

この貝、実は和三盆でできています。
ところどころ茶色の斑点まで入っている芸の細かさで、
本物そっくり!!

2014-09-06 09.20.51
この貝のお菓子は、
蔵に眠っていた木箱から生まれました。
日本人がずっと培ってきた
繊細な技や感性が凝縮された作品。

パッケージやロゴなどは現在のアーティストが手がけ、
空の青、波の白、そして貝と、海の世界を甦らせました。

優しい和三盆の味は、ワインやシャンパンにも合うそうです。

世界に誇れる日本のアート
グローバルの海でも
繊細な輝きを放つとともに、
さらに何百年も、
受け継がれていってほしいものです。

2014-09-06 09.21.21

2014-09-06 09.21.40


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください