「反射」と「吸収」 – Carsten Nicolai “BLACK ABSORB POL”

カールステン・ニコライ

渋谷西武でカールステン・ニコライの展示が行われていました。
そこに展開されているのは「白」と「黒」の世界。

カールステン・ニコライ
「白」と「黒」は色ではなく、
どれだけ光を反射しているか、
どれだけ吸収しているかということ。

「黒」は「見えない」、
でもそれは、「見える」世界があるから
「見えない」ことがわかるのです。

「黒」には「白」が必要なのです。

カールステン・ニコライのそんな思想を反映した作品。

世界の始まりと終わりを表現しているようです。

Carsten Nicolai “BLACK ABSORB POL”
2016年10月4日〜16日
SEIBU SHIBUYA


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください