次元を超える – 坂本夏子『画家の網膜』

坂本夏子

ARATANIURANOで坂本夏子さんの個展が行われています。
彼女の作品「靴紐を結ぶ風景」
平面でありながら四次元をも表現しています。

格子状の壁で囲まれた空間、その壁は所々で途切れていたり、
遠近感がおかしくなっていたり。

壁が時々刻々とその位置を変え、
一瞬目を離すと、全く違う絵になっているかのような
不思議な動きを感じます。

「インターステラー」でクーパーが突入したワームホールのようです。

グリッドの一つ一つにどんな色を置くかで
関係性がガラッと変わります。
動きのある壁を表現できるように計算して色を配置する
坂本は言います。

一人の女性が靴紐を結んでいる姿にも、
迷宮を彷徨い続けた時間が感じられます。

クーパーは、ワームホールの中で娘にメッセージを伝えることができました。

この絵の女性は、果たしてミッションを達成することができるのか、
彼女の冒険は今も続いています。

展覧会のタイトルは『画家の網膜』

坂本夏子は次のように述べています。

「描くことは絵の内側に住むことですが、
そこでは二次元でも三次元でもない場所に身体が
適応させられていくような感覚があります。
その、 絵にしか起こりえない空間は網膜の経験
を不思議に歪めていくような気がします。

網膜は二次元ですが、2つの目の視差と生活上の経験から,
脳が立体であると判断しています。

画家の網膜、そして脳は、捉えた信号を不思議な次元に投影するからこそ
その人にしか描けない絵を創ることができるのです。

坂本夏子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください