深遠なる言葉 – オノ・ヨーコ展『硝子の角』

オノヨーコ

小山登美夫ギャラリーでオノ・ヨーコの個展が開かれています。
こんなにも凛として美しい展示はなかなか観ることができません。

まず目に入るのが、硝子でできたハンマー、シャベル、
そして天井付近に吊るされている鍵。
ギャラリーの空間にピシッとした緊張感をもたらす
シャープで隙のない美しさ。

オノヨーコ

オノヨーコ
2014年〜2016年に制作されたこれらの作品、
閉塞感に溢れた東京を叩き割ろうという
意思の表れかもしれません。

ギャラリーの三方は、壁に障子が設置されています。
そして障子紙に小さな文字でメッセージが。
2003年パリ市立近代美術館で行われた個展に合わせて出版された
「Spare Room」という本に掲載されたテキストです。

オノヨーコ

それぞれのテキストの意味合いを考えながら読んでいると
どんどん時間が過ぎていきます。
多くの人が、絵画を観るよりも遥かに長い時間、壁(障子)と対峙している、
言葉の向こうに、オノヨーコの深遠な宇宙を観ているのです。

オノヨーコ

オノヨーコ

オノヨーコ

オノヨーコ

オノヨーコ

オノヨーコ

オノ・ヨーコ展『硝子の角』
2016年5月14日〜6月25日
小山登美夫ギャラリー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください