文化・伝統・幽玄 -『舘鼻則孝:面目と続行』展

舘鼻則孝

12月8日、9日の2日間だけ舘鼻則孝さんの展覧会が開催されました。
場所は旧細川侯爵邸・和敬塾本館、昭和11年に建てられた華族邸宅です。

舘鼻さんは、花魁の高下駄から着想したヒールレスシューズで有名ですが、
日本の伝統技術と新たなテクノロジーを使って斬新な作品を創っています。

今回の和洋折中の建物はでの展示は、部屋の数がとても多く、
それぞれが個性を持っています。
舘鼻さんは何度もロケハンをして展示の企画を考え、
それぞれの部屋にふさわしいインスタレーションが誕生しました。
そこには、舘鼻さんの宇宙観が見事に表現されています。

一番最初に出迎えてくれるのは、なんと骸骨、
金色に輝き、坐禅を組んで瞑想しています。
この骸骨、舘鼻さん自身の骨格をCTスキャンして制作した
「死への恐怖の具現化」。

舘鼻則孝震災以来、死ぬことを意識するようになったという舘鼻さんですが、
この像は、遠い宇宙をも見渡す慧眼を感じます。

そして、今回のメインとなる作品が「THEORY OF THE ELEMENTS」
金と銀でできた煙管とそれを収める八角柱の箱が5組。
それぞれ「空・風・火・水・地」を表現していて、五大思想に基づいています。

箱は黒地に金が施され荘厳な趣。
縦に重ねることができ、重ねた状態でX線写真を撮ると
中がくり抜かれていて、五輪塔が浮かびあがるのです。

舘鼻則孝

舘鼻則孝

古えに作られた仏像に、やはり中がくり抜かれ五輪塔が入っていたそうです。
目には見えないところに魂を込める、そんな作品を現代に甦らせました。

もちろん、ヒールレスシューズも美しさと存在感を放っています。

舘鼻則孝

日本の文化を徹底的に研究して、
現代アートとして昇華し世界に発信している舘鼻さんの波動と、
日本と西洋の文化を取り入れた和敬塾の波動が
共鳴し合うことで創り出された幽玄の美。

舘鼻則孝

舘鼻則孝

舘鼻則孝

舘鼻則孝


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください