現代の絵巻『村上隆の五百羅漢図展』

村上隆

10月31日から森美術館で始まった、『村上隆の五百羅漢図展』
日本では14年ぶりの個展です。

メインの作品「五百羅漢図」は、東日本大震災がきっかけとなって制作されました。
国家の有事を目の当たりにして、人々が抱いた無力感。
長い日本の歴史の中で人々は、
このような無力感からの救いを宗教的な説法に求めてきたはずで、
今もまた新たな説法が必要だと村上さんは考えました。

長沢芦雪(1754-1799)や狩野一信(1816-1863)が描いた
五百羅漢図を徹底的にリサーチして、現代の宗教画は誕生しました。

縦 3m、横はなんと100mの大作。
渋谷駅にある岡本太郎の『明日の神話』の横の長さは30mですから、
いかに巨大な作品であるかがわかると思います。

村上隆
作品は、25mずつ4つのパートに分かれていて、
中国の古代思想で天の四方を守る霊獣、
青龍・朱雀・白虎・玄武の名前が付けられています。

それぞれ全く異なるトーンで描かれ、
青龍は海、朱雀は宇宙、白虎は炎、玄武は雲の世界を表現しています。
白虎の炎の場面は「北野天神縁起絵巻」など絵巻物を思わせます。
一方、朱雀の宇宙は、ネット上の画像を処理して使用しています。

村上隆

村上隆

村上隆

村上隆
玄武に出てくる龍は、鎌倉時代の曼荼羅から引用、
と思うと朱雀の鳳凰は、手塚治虫の火の鳥がモチーフ。
古今東西のアート全てがインスパイアの源泉になっています。

村上隆
ところが、これら先達のアートを超える緻密かつ大胆な表現こそ村上隆。
ビビッドな色を何層も重ねることでできる世界観、
100mの超大作ながら、
隅々まで考え抜かれているところがとてつもなく凄いのです。

そして、表情豊かでユーモラスな500人の羅漢たち。
一人一人の表情をじっくり観て回りたくなります。
救いの境地に辿り着くことができるでしょうか。

「五百羅漢図」は工房で制作されました。
美大生たち200人以上が参加、シフト制で24時間休みなく制作は続きました。
今回の展覧会では、制作過程の資料も展示されています。

村上隆
中には、村上さんの厳しい指示もそのまま残されていて、
戦場のような工房の様子が伝わってきます。
しかし、この妥協なき緊張感こそが、
村上隆のグローバルでの戦い方。

そして内覧会では、コスプレ羅漢たちも集結、
祝祭の雰囲気を盛り上げていました。
村上隆
『村上隆の五百羅漢図展』
2015年10月31日〜2016年3月6日
森美術館


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください