色褪せぬファンタジー -『ダブリンの鐘つきカビ人間』

ダブリンの鐘つきカビ人間

PARCO劇場で行われていた『ダブリンの鐘つきカビ人間』
後藤ひろひと作、G2演出の舞台
2002年初演、2005年に再演されて10年ぶりの登場です。

二人の若者が、霧深い森の中たどり着いた屋敷で初老の紳士に出会います。
二人が、森の中で不思議な歌を耳にし、鐘の音を聞いたことを話すと、
紳士は、かつてここに街があったと語り出します。

場面は中世の平和にあふれたように見える街、
しかし、この街には奇妙な病気が蔓延していました。

指になぜか鳥が止まる病気、
背中に羽がはえる病気...

そして、自分の思っていることと逆の言葉が出てしまう少女

鐘つきの青年は美男子で、女性の人気の的でしたが、
なぜか全身にカビが生え、今は街じゅうの嫌われ者。
ところが少女の口から出たのは「素敵な人!」。
ここから二人の物語が始まります。

一方、紳士の話を聞いているはずの二人の若者、
どういうわけか物語に紛れ込み、
街の病気を治してくれるという魔法の剣を探す冒険に出発します。

次から次に繰り出されるコミカルなエピソードに
笑い転げている間に、話はどんどん進んで行きます。

黒ひげ危機一髪やらエルビス・プレスリーやら、
脈絡もなく突然現れるキャラクター、
でもちゃんとストーリーの伏線になっているのです。

そして、カビ人間の物語と冒険とが出会う時、
感動と驚愕のシーンが待っています。

10年の時を経ても全く色褪せず、
人々の心を惹きつけるストーリー展開、
人間の深層心理に訴えかける
後藤ひろひととG2の舞台はなおも健在でした。

今回の公演は終わってしまいましたが、
4たびダブリンの鐘が鳴る時を期待しましょう。

作:後藤ひろひと
演出:G2
出演:佐藤隆太 上西星来(東京パフォーマンスドール)
   白洲迅 大塚千弘
   小西遼生 中村昌也 木戸邑弥 明樂哲典
   マギー 後藤ひろひと 吉野圭吾
   篠井英介
   村井國夫
PARCO劇場


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.