新しいアートへの挑戦 – NEW BALANCE #1

NEW BALANCE

世田谷のXYZ Collectiveで行われている
Sprout Curationのグループ展『NEW BALANCE #1』
青木豊、ブライアン・ドゥーリー、河田展子、服部憲明の
4人の作品で構成されています。

単に油絵具や水彩で描くのではなく、
様々なメディア、ツールを駆使して、新しい表現にチャンレジしています。

青木豊

シルバースプレーが特徴的な青木豊さん、
新作は、シルバー地に、敬愛するアーティストのイニシャルをレイヤーにしています。
デュシャン、ゲルハルト・リヒター、マティス...
DとRがモノトーンなのに対し、
Mのラインが数種類の色で描かれ、作品に厚みが出ています。

中央に大胆なタッチのフォルム、
新たなアートが生み出されるホワイトホールのような存在。
大きなコンセプトで、巨匠たちを超えようという意欲を感じます。

服部憲明
服部さんは、最新のツールを使った作品を創っています。
下地を黒、表面を白で塗り、レーザーカッターで削ることで
黒を表出させています。

どの程度削るかで表情が変わり、ラインが交差することで生まれる奥行きや
白い部分にできる立体的な陰影を観ることができ、
可能性を秘めた手法だなと感じます。

bryan dooley

海外から招いたブライアン・ドゥーリー、
グアバジュースというこれまた普段使わないメディアをつめたボトルの中に、
イカ釣り船のライトを入れた作品、
そして、同じメディアを使った平面作品を組み合わせて展示。
落ち着いた有機的な色が、ギャラリーに温かみをもたらしています。

個性的なアーティストたちの挑戦の場ですが、
お互いの作品は調和していて、なんとも居心地のいい空間になっています。
まさに”NEW BALANCE”!

新たなアートへのエポックメイキングな展覧会となることでしょう。

XYZ collective


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください