生命に宇宙を観る − 新田友美『Infinite Set 4』

新田友美

YUKA TSURUNO GALLERYで開催されている
新田友美さんの個展『Infinit Set 4』
彼女は、初めての個展以来
『Infinit Set』というタイトルをつけています。

「Infinit Set」とは、無限集合
偶数の集合のように、要素が無限にある集合。
要素が無限にあるのに、それを集めるという矛盾、
まさに人間の存在自身が無限集合なのではと考え、
一人の女性像を描いています。

その像は抽象度が高く、揺らいでいます。
そして油彩ではあるけれど水彩のような透明感、
数多の原子が集まって女性の身体をつくりあげている
まさに無限集合!

新田友美

新田友美

彼女は無限集合を表現するために、日々技法の研究をしています。
3年ぶりとなる今回の展示ですが、画材なども全部見直して
全く新しい作品を創り出しました。
以前の作品よりもずっと透明感や立体感が出ていて
進化の様子がみてとれます。

揺らぎをもつ女性像は、原子の集まりというだけでなく、
どこまでが自己なのかという根源的な問いを投げかけています。

そして、この女性像を見つめていると、
そこに宇宙の姿を感じることができます。
輝きに満ちた宇宙を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください