壮大なるフィールドワーク−石川直樹『NEW MAP-世界を見に行く』

石川直樹 New Map

横浜市民ギャラリーあざみ野で行われている
石川直樹『NEW MAP-世界を見に行く』

石川直樹さんは常に旅をしている。
ヒマラヤの8,000mを超える峰々や極地といった
普通の人がなかなか行けない場所、
日本周辺の島々、

1994年から現在までの代表的な旅を俯瞰する展覧会、
100枚の作品のエネルギーに満ち満ちた空間。

彼が自分の足で歩き撮影した写真の数々、
フィルムが1本また1本と積み上がっていくことで
彼のNEW MAPは範囲を広げる。
この地図には、当然のことながら国境は記されていない。
しかも、そこに刻まれている内容はめちゃくちゃ濃い。

エベレスト、霊峰富士、極地と、彼が対峙した大自然、
そこに生息する動物たち、
そしてなによりそこに生きる人々。

彼は、訪れた街や村の人々と仲良くなり、
儀式などにも参加して、彼らの姿を記録する。
写っている人の表情はとても清々しい。

高校2年の夏に訪れたインド、
お土産の店の女の子の笑顔が本当に生き生きとしている。

こんなふうにボーダーレスに旅を続けていると、
地理的には離れていても
似た行動様式を持っている人たちがいるといった
民俗学的な発見までしてしまうかもしれない。

住み慣れた場所から飛び出して、
新しいものに出会いたいという石川さん、
地図を作る旅は果てしなく続く。

ギャラリーで配られたパンフレットが、
登山地図の構造になっているのが、
展覧会にぴったりでとても嬉しい。

石川直樹 New Map


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください