人間が演じるロボットの夢 −『プルートゥ PLUTO』

PLUTO

『プルートゥ PLUTO』
鉄腕アトムのエピソード「世界最大のロボット」を
浦沢直樹がリメイクした作品。

コンテンポラリーダンスの振付師シディ・ラルビ・シェルカウイが舞台化した。
アトム(森山未來)はときにしなやかに舞う。
浦沢直樹の作画やデジタルの効果をふんだんに使い、
メディアアートと呼んでもいい作品に仕上がった。

壊れたロボットの部品が捨てられたゴミの山が
突然、一面のお花畑に変わり、
人間の2倍以上もあるプルートゥの登場と圧巻のシーンが続く。

第39次中央アジア紛争が集結し、人間とロボットが共存している時代。

世界最高水準の7体のロボットのうち5体が何者かに襲われ殺害された。
そしてアトムもまた、花の絵を描く謎のロボットに殺されてしまう。

残されたゲジヒト(寺脇康文)は、プルートゥが犯人であること、
そして、この事件の真相に迫ろうとしていた。

一方、アトムの生みの親、天馬博士(柄本明)は、
アトムが持っていなかった「憎しみ」をインストールすることで復活させる。
プルートゥと戦うために...

人間が、感情を持ったロボットを演じるパラドックス!
ロボットたちは人間に翻弄されながらも、
人間とは異なる潔さを見せる
そんな姿に私たち人間は心をうたれる。

ケジヒトの妻ヘレンとアトムの妹ウラン、
二人の女性ロボットを演じた永作博美
自由奔放なウランに対して、聡明で想いを胸に秘めたヘレン、
ケジヒトを失い静かに流す涙がせつない。

デジタルな舞台作りの最後の最後でアナログの雪を降らせ、
爽やかな風とともに幕は降りる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください