木洩れ陽の形ー木村崇人『テーブルの上/下から』

木村崇人

木洩れ陽、その形を気にすることなどあまりない。
実は、葉がどんな形をしていても、木洩れ陽の形は丸い。
光源である太陽の形を映している。

ピンホールカメラと同じことが起きている。

そんな自然現象の面白さに気づかせてくれる
木村崇人さんの個展『テーブルの上/下から』が、
代官山のART FRONT GALLERYで開催されている。

木村さんの代表作である「木もれ陽プロジェクト」
天井に設置した光源、星型のフィルターを通して光が散乱している。
そして、藤棚のように葉を茂らせたインスタレーション。
床に映る木洩れ陽は、なんと星型!

木村崇人
手と手を合わせてみると、そこにできる光も星型!

木村崇人

木洩れ陽に形があり、それは光源の形であることが、
これだけ印象に残るのは、この作品を除いては、日食の時ぐらいだろう。

こんなふうに、自然現象の不思議さ、面白さに気づくと
ワクワクした気分になる。

一方、赤瀬川原平さんの『植物ワイパー』シリーズ
こちらは、人が介在していないけれど、
やはり自然現象のおもしろさを観察で表現している。

実験と観察、自然への人間の探究心が科学とアートを結びつけている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください