高松次郎ミステリーズの創り方

高松次郎ミステリーズ

国立近代美術館で開催されている『高松次郎ミステリーズ』
高松次郎は、1960年代、中西夏之、赤瀬川原平とハイレッドセンターを結成
その後、「影」シリーズ、河原の石に数字を書き続けたもの、
遠近法を逆にした作品など多種多様な作品を作り続けた。

その多種多様な作品群が伝わる展覧会にするため
いくつもの工夫がなされている。

桝田倫広さん、蔵屋美香さん、保坂健二朗さんの
3人のキュレーターが、前期、中期、後期をそれぞれ担当、
いわば3つの展覧会を同時に創ったといってもいい。

会場構成はトラフ建築設計事務所(鈴野浩一さん、禿真哉さん)に依頼された。
3人のキュレーションを活かし、
高松次郎のミステリーな部分を引き出すために。

近代美術館の展示会場には大きな柱が6本ある。
通常はこの柱の間に壁を設置し、作品を展示する。
自ずと壁に沿った動線ができる。

空間に縛られるのではなく、空間を活かすにはどうすればいいか。

大きな壁を作ることなく、床や作品台を使って作品を展示することに。
その効果により、遠くが見渡せる会場に仕上がった。
動線も自由になり、自分の好きなように作品を観ることができる。

次々に提示される証拠物件をつないで、
真相を追求する探偵になった気分で会場内を回遊する。

ところが、高松次郎のミステリーはそう簡単に解くことはできない。
多様な作品の数々に謎は混迷を極める。

ミステリーをさらに盛り上げるため、
ポスターやキャプション、カタログなどのグラフィックは菊地敦己さんが担当。
キャプションには少しグレーを入れた文字を使い、
ここから中に入ってはいけないという結界の線の幅・色などにもめちゃくちゃこだわった。

展覧会を見終わったらそれで終わりではなく、
すっとすっと続く謎を解明する旅、
その旅の地図の役割を持つカタログ、
菊地さんは、これを美術書の形式ではなく書物の形で作った。

高松次郎の作品は、眺めるものではなく、読解を必要とするのだから。
高松次郎ミステリーズ

高松次郎ミステリーズ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください