Mr. Bluemoonの物語ー三宅信太郎『山頂の街』

2014-12-06 19.25.11

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014で、
六甲ミーツ・アート大賞 グランプリを受賞した三宅信太郎さんの『山頂の街』
代官山ヒルサイドテラスに転居してきました。

三宅さんは、イギリスの貿易商、アーサー・ヘスケス・グルーム氏が、
六甲をリゾート地として開拓したという話を聞いて、
その歴史をライブペインティングするとともに、
新しい街まで造ってしまいました!

グルーム氏の名前をブルームーンと勘違いし、
自らMr. Bluemoonに扮して製作、
新しい街のランドマーク、灯台の窓もブルームーンになりました。

2014-12-06 19.26.02

そして代官山に移設されてきた街、
白い板を張り合わせ、屋根や窓を描いただけの絵本に出てくるような家々、
壁には、一転カラフルな絵。
この絵には、六甲の歴史が描かれています。

2014-12-06 19.25.45 のコピー

可愛い街ではありますが、
街を造るのは、Mr. Bluemoonひとりではできません。
六甲の作品を観に来た人たちと会話し、
山の中で出会った動物たちを絵に取り入れています。
周りの人たちや動物への優しさが、
この街には感じられます。

そのためか、横の水をはったスペースには、
六甲のカエルも引っ越してきています!!

2014-12-06 19.25.34

この製作の過程で、
グルーム氏の思いを受け継ぐことができたにちがいありません。

そして、魅力的な街には多くの人が集まります。
このおとぎ話の世界のような街を観に、
多くの人が訪れ、Mr. Bluemoonと出会い、
街は成長していくことでしょう。

Mr. Bleumoonの物語に新たなページが加わります。

2014-12-06 19.26.33 のコピー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください