その時その瞬間、その場所で−浅井祐介『この場所でつくる』

2014-11-19 20.33.07

ギャラリーの空間に突如現れたアメーバ様の壁。
ここに火の鳥のような不思議な生き物の絵。

アラタニウラノで行われている浅井祐介さんの個展『この場所でつくる』
アメーバ様の壁は、マスキングテープで作られています。

浅井祐介さんは、マスキングテープや泥を使った
ダイナミックな作品を創り続けています。
ところが、マスキングテープにしても泥にしても
ビッグな作品になると保存が難しくなります。
そのため、彼の作品は展覧会が終了すると
取り壊されてしまう運命にあります。

それだけに、展覧会のたびに全力投球で
作品制作に取り組んでいます。
その時その瞬間、その場所で制作することが重要と言います。

泥絵の場合は、その場所の泥を使って、
その場所、その時ならではの作品を創ります。

その瞬間が大事なので、ギャラリーのベランダにテントをはって
住み込みで創り続けたそうです。
きっと、アートの神様が宿ったに違いありません。

そして、展覧会のたびに新しいことにもチャレンジしています。

今回のチャレンジは青。

白金のアラタニウラノで個展を開くのは初めてで、
今まで使ってこなかった青い色の美しさに気づき、
青で構成することにしました。

都会的なスマートな作品という印象。

今回はライブペインティングもやってくれました。
ギャラリーの空間にマスキングテープを蜘蛛の巣のように
張り巡らし、青いペンやスプレーを使って、
ものすごい勢いで描いていきます。

2014-11-19 20.27.40

2014-11-19 20.41.41

周りにころがっているものは全て使い
次々に新しい技を試している様は、
より高い次元を目指す火の鳥そのものです。

2014-11-19 21.03.23


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください