電子音と光のゆりかご−『test pattern [n°6] : Ryoji Ikeda』

2014-11-09 10.41.38

表参道のスパイラルホールで行われた
池田亮治さんのインスタレーション、test pattern [n°6] 。

1時間半並んでやっと辿り着いたホールの中、
床一面に白と黒の光がものすごいスピードで流れている。
そして、光の流れとシンクロしてホール全体をつつむ電子音。

SF映画やアニメに出てくる異次元の扉のよう。

それにしても、光と電子音の溢れる空間だけに、
頭で考えるとかなり不快な空間。

ところが多くの人が、この光の流れの上に寝そべったり
しゃがんだりして、長い時間を過ごしている。

2014-11-08 19.41.08

2014-11-08 19.34.00

実際にこの空間に身を置いてみると
不思議なことに心地よい!

しばらくすると、光の流れに乗って浮遊している感じになってくる。

普段は眠っていた感覚が目を覚ましたようだ。

池田さんのtest pattern、
2008年から始まったシリーズで、
世の中の全ての情報をバーコードに変換し表現することで、
テクノロジーと人間の知覚の閾値との関係をみようというプロジェクト。

電子音と光のゆりかごは、
人間の新たな創造性を育む場となるかもしれない。

2014-11-08 19.33.24


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください