鑑賞者の意志が創るアート『リー・ミンウェイとその関係展』

プロジェクト・繕う

森美術館で始まった『リー・ミンウェイとその関係展』
新たな作品に出会うたび、私たちは決断を迫られる。
私たちの決断が、作品を完成させる。

箱の上に置かれた2つの石。
同じ形だけど、一つは本物の石、
もう一つはリー・ミンウェイが創ったブロンズの複製。
作品名は「石の旅」

石の旅

この作品を購入した人は、
石かブロンズ、どちらかを手放さないといけない。
地球の歴史の中で自然が創り出した石、
人工のブロンズの彫刻、
どちらに価値があるだろうか?

それぞれの歴史の長さが台に刻まれている。

私だったら、自然が生み出したアートを選べるだろうか?

椅子のような不思議なライトに囲まれた2つのベッド、
リー・ミンウェイととともに美術館に泊まることができる、
とってもスペシャルなプロジェクト!
「プロジェクト・ともに眠る」

プロジェクト・ともに眠る

でもリー・ミンウェイと会話するには英語か中国語、
彼はどんなことを話してくれるのだろう。

ここに泊まる人は、展覧会の期間中
自分の使っている物を椅子の上に置いておく、
リー・ミンウェイの愛用品は既に置かれている。

プロジェクト・ともに眠る

川に沿って花が咲いているように
切り花が並んでいる。
この花を一つ持って帰ることができる。
作品名「ひろがる花園」

ひろがる花園

ところが、帰り道に大きなミッションが課される。
出会った知らない人に、この花を渡さなくてはならない。

もちろん誰も見ていないので
家に持って帰ってしまってもペナルティはない。
でも、誰かに花を渡すことで
ちょっとだけ明日が変わるかもしれない。

そう、リー・ミンウェイの作品は、
私たちの生活を、社会を少しずつ変革していく力がある。

その力が発揮されるとともに
展覧会の様相が日々変化していく...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください