伝統への挑戦が作り出す新しい時間―『里山十帖』

2014-08-31 15.27.04 のコピー

ライフスタイルを提案する雑誌『自遊人』
この春、新潟県南魚沼郡にホテル『里山十帖』をオープンさせました。
築150年の古民家をリノベーションしたホテル
天井がとても高く、立派な梁が重厚さを演出しています。

2014-08-31 19.40.24

雑誌で数々のライフスタイルを提案してきた岩佐十良さんが、
満を持してリアルの場を創り出しました。

「ここは、宿泊する場所とは思っていない。」と岩佐さん、

アルネ・ヤコブセンのエッグチェア、
イサムノグチのランプといった
著名デザイナーによるデザインの家具がいたるところに置かれていて、
東京のインテリアショップのよう。

2014-09-01 08.50.29

日本の古い家具が置いてあるのに比べて、
自分の家のように馴染みます。

ここで初めてお会いした人との会話も弾むし、
PCを開いて仕事をしても、とてもはかどりそう。

リビングやオフィス空間の提案にもなっているような気がします。

食事も地元の食材を用いながら新しい料理に挑戦。

もちぶたを杉でスモークにしたところに、
杉の新芽のピクルスを添える新しい食感。

2014-08-31 21.15.17

新潟は茄子の種類が豊富、
この日の食事では5種類の茄子が使われていました。
中でも絶品は、「やきなす」という茄子を焼いて作ったスープ!

2014-08-31 20.24.55 のコピー

この空間で、もう一つ大切なのがアート!

川上シュンさんの作品が館内のあちこちに展示されています。

日本のアート、特に安土桃山時代の絢爛豪華なアートが
世界で最も凄いと言う川上さん、
この時代の技法を使った作品で、グローバルに存在感を出しています。

金箔や銀箔の上に岩絵の具をのせていたことを知り、
それならインクジェットだってのるんじゃないのと、
金沢の「箔一」と挑戦。

のるけれど、時々かすれてしまう。
でもそれは、二度と再現できない
他の誰にも創ることのできない唯一つの作品。

今回、館内の展示する場所に合った作品を制作、
作品の置かれている周囲の空間と一緒に作品を観てほしい...

2014-08-31 19.15.32

2014-08-31 15.18.13

里山十帖のチャレンジングな空間に対峙する清々しさ!

2014-08-31 16.37.43


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください